ホーム > 取扱い業務 > 離婚問題

離婚問題



離婚問題についてこんなお悩みないですか?

  • 養育費をきちんと支払ってもらうにはどうしたらよいか。
  • 別居中だが、どうしたら離婚できるのか。
  • 親権を確保するにはどうしたらよいか。
  • 慰謝料はどのくらい受け取れるのか。
  • 相手とは、顔を合わさず離婚したい。

当事務所へ依頼するメリットとは

弁護士 今西隆彦

離婚は、子どもの親権や養育費、年金分割、慰謝料、財産分与など、さまざまな問題を含んでいます。20代から50代、70代の方まで、世代によって事情も異なります。これらを、離婚後の生活も考えながら解決し、離婚手続きを行わなければなりません。

ご相談にいらっしゃる段階で、相手の顔を見たくない、精神的に追い詰められているという状況になっている場合が多々見られます。このような状況の中、相手方と交渉をすることは、大変なストレスになるばかりか、病気の発端にもなりかねません。また、そうした状況から早く解放されたいということから、不利な内容で協議離婚してしまうという方もいらっしゃいます。こうした場合、弁護士を代理人として交渉をすることで、ストレスを軽減することができますし、第三者が間に入って冷静になれる状況ならば、不利な内容で協議離婚をしなければならなくなるということもありませんから是非弁護士の活用をおすすめしたいところです。

ご相談にいらっしゃった方からは、相談終了後、「悩みを聞いてもらっただけみたいになってしまって申し訳ないです」といわれることがあります。そうしたことから、ともすれば弁護士に相談するほどのことなのかとお考えになる方が多いようですが、離婚はご夫婦の間の様々なご事情をお話しいただくことが多いので、結果としてそうなることは自然なことです。ですから、遠慮なさらずにご相談いただきたいと思います。

金銭面について(財産分与・婚姻費用・養育費)

じっくりお話を伺いながら、離婚に伴い、どのような問題があり、法的にどんな方法で解決できるか、整理していきます。
なかには、別居したらすぐに離婚できる、とか何年か別居していれば自動的に離婚ができるなどといった間違った情報を鵜呑みにされている方もいらっしゃいます。また慰謝料についても、一応相場のようなものがあるとはいわれていますが、離婚に至るまでの事情や相手の資力によってケースバイケースです。
負債が多くて、差し引きすると夫婦間に分ける財産がないという場合の財産分与についてのご相談をよく受けます。この場合は厳密にいうと財産分与の問題は発生しないのですが、協議や調停で、離婚後の債務の負担割合を決めることができますので、借金の名義人になっている方には頭の片隅に置いておいていただきたいところです。

離婚を考えはじめた段階でご相談いただければ、どんな法的な問題があるかお話できます。
また、離婚を切り出して、相手が話し合いに応じそうにない段階なら、離婚まで、どんな道筋があるか、どのような方法がよいか、ご一緒に考えさせていただきます。

最終的に

離婚の手続きは、双方の協議がまとまらないときは、家庭裁判所に調停を申し立て、それでも解決できなければ、離婚訴訟を提起することになります。
訴訟になった場合だけでなく、協議や調停の段階でも、弁護士が代理人を依頼されることも少なくありません。

離婚問題に関しては、心身ともに負担がかかることだと思いますので、まずはお話しするだけでもお越しになって下さい。
心の負担を軽くできるようお手伝いさせて頂きます。